超簡単!アフィリエイトの仕組みが2分で分かる記事

超簡単!アフィリエイトの仕組みが2分で分かる記事
アフィリエイトの仕組み、ややこしいですよね。その原因は、よくある小売業のように「商品を仕入れてそれを売る」というビジネスではなく、「商品を仕入れずにそれを売る」ビジネスだからです。そして、仕入れずにビジネスをするために「仲介企業」が挟まるので、ややこしくなっているのです。

しかし、アフィリエイトの仕組みを一般的な小売業と比べてみると、実はその違いはほんの少しだけ。そのほんの少しの違いが、サラリーマンや子育て中の主婦が自宅完結で副収入を得るための大きな違いとなっているわけですね。

この記事では、アフィリエイト歴9年の私が「アフィリエイト」というビジネスの仕組みを、通常の「小売業」との違いをお見せしながら分かりやすくお伝えしていきます。アフィリエイトの仕組みについて、たった2分で分かるようにお伝えしますのでどうぞ楽しみにしていてください!

1.小売りとアフィリエイトの違いは価格差で儲けるか、手数料で儲けるか。

1-1.普通の小売店の儲け方⇒価格差

電気店やスーツショップ、居酒屋など、普通の小売店は、基本的にメーカーや問屋から商品を仕入れ、そこにマージンを乗せて売ることで儲けを出しています

つまり、100円で仕入れたものを500円で売った場合、差額の400円が利益になるというわけです。

小売り店の儲けの仕組み

1-2.アフィリエイトの儲け方⇒販売手数料

しかし、アフィリエイトで収益を上げる場合、扱う商品に関わらず仕入れをすることはありません。そのかわり、メーカーや問屋さんと「1つ売るごとに売上の30%をください」といった契約をして販売をスタートさせます

つまり、500円のものを1つ売った場合、その30%の150円が利益として入ってくるというわけです。

アフィリエイトの儲けの仕組み

普通の小売ビジネスとアフィリエイトビジネスの仕組みの違いは、大きく分ければたったこれだけしかありません。

ただし、数あるメーカーや問屋との販売代理店契約や手数料交渉などを行うとなると、正直面倒だし、「個人」として取り組むことを考えると現実的じゃないですよね。しかしご安心ください!そのためにあるのが、アフィリエイト専門の仲介企業(ASP)なのです!

2.面倒な契約や交渉は仲介企業(ASP)が全ておこなってくれる!

アフィリエイト専門の仲介企業のことをASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と言いますが、ASPがあなたに代わってメーカーや問屋と契約し、販売手数料や専用の販売ページ(販売URL)など全てを決めておいてくれます。

ASP※アカウント登録はそれぞれ3分ほどですぐに完了できます!

ASPが、商品を持っている「メーカー」と私達「アフィリエイター」をつないでくれることで、個人法人関係なく誰もが今日からすぐに、スムーズにインターネット上で販売活動を開始することが出来るのです。

3.アフィリエイターの仕事は「集客」と「商品紹介」だけ

アフィリエイトに取り組む場合、その仕事内容は次の2つ。

  1. 商品を欲しがりそうな人を集めること(集客)
  2. 商品をオススメすること(販売)

人を集めるためにはブログやSNSが効率的なのでそれらを始める必要がありますし、商品をオススメするためには文章や動画が必要です。なのでアフィリエイターはそれらを自前、もしくは外注さんに頼むなりして用意します。

あとは、ASPからもらったあなた専用の紹介リンクを、オススメ文章と共に貼り付けておくだけです。仮に今日開始したとして、たまたまアクセスが来て紹介リンクから売れたとしたら、その時点でもうあなただけの収入が発生します!

3-1.購入後のフォローや発送は全てメーカーがやってくれる

あなたの紹介リンクから見事成約が発生した場合にも、アフィリエイターがやることは一切ありません。紹介ページは全てメーカー側で管理しているページなので、売上報告も購入者への連絡発送も全てメーカー側で完結するからです。

私たちアフィリエイターがやることは、とにかく集客と商品をオススメすること。この2つだけなのです。

4.アフィリエイト報酬の支払いはどこから?⇒ASPから振込まれる

成約した分のアフィリエイト報酬は、ASPの管理画面から登録しておいた「銀行口座」宛に、毎月ASPから現金で振り込んでもらえます。

※支払いサイトはASPにより多少違いはありますが、基本的には月末締めの翌々月払いのところが多いです。

5.一個あたりの利益は減る代わりにリスク無しで商売を始められる!

こんな感じで、アフィリエイトは一般的な小売りと比べて1つ売れるあたりの利益は低くなるものの、「仕入れ」という最大のリスクを取ることなく商売を始められる点で、副収入を得たいサラリーマンや主婦にとって、メリットが大きい仕組みと言えます。

仕入れが必要となる小売りビジネスの場合、売上が発生する前に“まず仕入れる”必要があるため、先に商品を買い付ける点でリスクがありますし、売れなかった場合には単純にその分が赤字になります。そしてそれだけじゃなく、倉庫に在庫を置いておく場合には毎月の倉庫代もかさんでいきます。

そう考えると、1つ売れる毎の利益が多少減ったとしても、「仕入れが不要」というメリットを持っているアフィリエイトビジネスの魅力が伝わりやすくなるのではないでしょうか。

ただ、もちろんアフィリエイトにもデメリットがあります。次は、アフィリエイトの仕組みとしてのデメリットとメリットについてご紹介していきます。

5-1.アフィリエイトのデメリット

アフィリエイトの仕組みとしてのデメリットは、次の2つです。

  1. 顧客リストが手に入らない
  2. 非承認リスクがある

【デメリット1】顧客リストが手に入らない

アフィリエイトで商品が売れた場合、その連絡や売上はあくまでメーカー企業に直接行くことになります。そのため、購入後のフォローや発送作業はメーカーが全てやってくれますが、その代わり「購入者リスト(購入者の名前や連絡先)」に関してはアフィリエイターが知ることは出来ません。

本当であれば、自社商品の購入者の連絡先(メールアドレスや電話番号や住所)を増やしていくことは、商売を中長期的に成長させていくためにはとても重要なことです。しかし、アフィリエイトではその「顧客リスト」が手に入らないため、あくまで日々の新規売上にのみ頼るビジネス構造になりがちです。

【デメリット2】非承認リスクがある

アフィリエイトで稼いだ報酬は、メーカー側で1件1件「承認」された後、ASPから銀行振込されるのですが、何%かは「非承認」になるリスクがあります。非承認になった場合、その理由としては例えば以下のようなものが挙げられます。

・エステに申し込んだお客さんが実際には来店されなかった場合
・商品購入後に返品キャンセルをされた場合

このような場合は、一旦「成果発生」として計上されますが、後日「非承認」になってしまうというわけです。アフィリエイトの仕組み上、ある程度仕方の無いことですが、中にはキャンセルの事実は無いにも関わらず一定の割合で非承認判定している悪徳メーカーも極々稀にいるので注意が必要です。

5-2.アフィリエイトのメリット

以上2つがアフィリエイトのデメリットでしたが、アフィリエイトの仕組みとしてのメリットは5つもあります。

  1. 在庫(仕入れ)がいらない
  2. 営業回りがいらない
  3. 自宅でもどこででも取り組める
  4. 名前を出す必要がなく会社バレリスクが無い
  5. 売れる状態が完成すれば24時間365日勝手に売れていく

【メリット1】在庫(仕入れ)がいらない

先に持ち出しをして在庫を確保しなければならない「小売り業」と違い、アフィリエイトはあくまで“売った分の販売手数料をもらう”という仕組みなので、ビジネス開始時には初期投資がほぼ必要なく、なおかつ在庫を抱えすぎて倒産するリスクもありません。その点で、サラリーマンや主婦でも限りなくリスクを抑えて副業を開始することが出来るのがメリットです。

【メリット2】営業回りがいらない

小売り業を始めようと思った場合、メーカーや卸し先、配送業者を見つけるために営業をかけなければなりませんが、アフィリエイトの場合は全てASPが行なってくれるため、余計な時間や労力を割く必要がありません。

普通なら取引を開始してもらうために法人化も必須になりますが、昨日までは自分でビジネスをやったことがないサラリーマンや主婦の方でも、すぐに取引をスタートさせることが出来ます。

【メリット3】自宅でもどこででもいつでも取り組める

アフィリエイトの実践は全てインターネット上で完結できるため、パソコン1台あれば自宅ででもどこででも取り組めてしまいます。リアルタイムにお客さんとやりとりをすることもないため、忙しいサラリーマンや主婦の方も、普段の生活リズムをほぼ犠牲にすることなく実践していくことが出来る点も大きなメリットです。

【メリット4】名前を出す必要がなく会社バレリスクが無い

商売で“何かを販売する”となると、『特定商取引法』に基づき本名を公開する必要があります。しかしアフィリエイトはあくまで「紹介者」の立場なので、名前は一切公開する必要がありません。副業禁止の会社に勤めていらっしゃる方の場合、名前バレは最も避けたい事態だと思いますので、この点も安心ポイントと言えるでしょう。

【メリット5】売れる状態が完成すれば24時間365日勝手に売れていく

アフィリエイトに取り組む上で最も大きなメリットがこれです。アフィリエイトの仕組み上、集客も販売も、一度完成しアップロードしたものはすべてが完全自動化されます。ブログにアップした記事は24時間誰もが見られる状態になりますし、アフィリエイトリンクを踏んでもらえれば24時間いつでも購入が可能になっているからです。

つまり、きちんと見込み客が集まるメディアがつくれ、そこからしっかりとアフィリエイトリンクに誘導ができる記事を作成することが出来れば、文字通りの不労所得の仕組みが完成します。

6.今日からアフィリエイトを始める方法

ここまでお伝えしてきたように、あなたも今日からすぐにアフィリエイトを開始することが可能です。そのために必要となるのは、次の3つ。

  1. ASPにアフィリエイター登録する
  2. 集客メディアを作り始める
  3. セールスのやり方を学び売れる文章を作る

「アフィリエイト」と一口に言っても、ウェブサイトで集客するものやYoutubeで集客するもの、ツイッターで集客するものなど様々ありますが、私が最もオススメしているのは、ブログで集客し、自動配信メール(ステップメール)で売るアフィリエイトです。

ブログの作り方はこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

また、ASPの選び方や最もオススメの取り組みジャンルについてはこちらでお伝えしていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

また、ブログと自動メールをどう組み合わせるのか?といった具体的なハウツーや、売れるセールスの秘密。そしてアフィリエイトの具体的な始め方・戦略などについては無料の動画メール講座で解説しますので、興味があればぜひ覗いてみてください!

【期間限定】
『年収1,000万長者バイブル講座』特別参加フォーム

現在、私の書籍『幸せサラリーマンノート』のKindleバージョンも無料で配布中です。動画メール講座に参加された方はまたそちらでお会いしましょう!

まとめ

アフィリエイトの仕組みは、言葉で聞くとややこしいですが、一般的な「小売り」と比べてみると、その違いが分かりやすくなったのではないでしょうか。

小売りの場合

  • 取引きはお客さんと直接おこなう
  • 仕入れ値と売り値の「差額」で儲けるビジネス

アフィリエイトの場合

  • お客さんとは直接取り引きせず、あくまでメーカーと直接おこなってもらう
  • 販売一件ごとに設定された「販売手数料」で儲けるビジネス

このように覚えておいて頂くと良いでしょう!

コメント

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください