アフィリエイトで稼げない人全員に【必ず】共通するたった1つの原因

アフィリエイトで稼げない人全員に【必ず】共通するたった1つの原因
必死にアフィリエイトを頑張っているのに、いっこうに稼げる兆しが見えてこないと、不安になるし焦りますよね。この記事に訪れたあなたも、きっとここ数ヶ月間必死に頑張ってアフィリエイトに取り組んで来られたと思います。

実は、「アフィリエイトを頑張っているはずなのにいっこうに稼げない…」という人には、ある共通点があります。これは、稼げないアフィリエイター全員に必ずと言って良いほど共通しているものです。

というわけで、これまでに3,300名以上の生徒を指導してきた私が、その中でハッキリと分かった「稼げないアフィリエイター」の原因について、今回は私自身のデーターも見て頂きながらお伝えしていきます。

この記事を読んで頂くことで、稼げず悩んでいらっしゃるあなたが、これから何をするべきなのか。何をすれば現状を打破できるのか、ということが明確に分かるようになります。

この記事を通して、ぜひ今の状況を抜け出すきっかけを手に入れていきましょう。

諦めるのはまだ早い!アフィリエイトで稼げない原因は「基準値が間違っている」こと

稼げていなかった頃の私もそうでしたが、アフィリエイトで稼げない人は、「稼ぐための基準値」というものを知りません。これこそが、アフィリエイトで稼げない人の、稼げていない真の原因となっているものなのです。

基準値とは、あなた自身が成功に至るために必要だとイメージしている時間や作業量の基準のことです。アフィリエイトで稼げない人は、必ずと言って良いほど間違った「基準値」を持っています。要は、取り組む時間にしろ、作業量にしろ、少なすぎるということですね。

これはズバリ、それだけアフィリエイトを舐めてしまっている人が多いということの現れなのです。

この理由は、アフィリエイトに対する認識が、

  • 楽して稼げる儲け話
  • 小銭を稼ぐための裏技
  • 楽に儲けられる秘密のバイトのようなもの

といった感じの間違った認識を持って参入してしまっているがゆえに、アフィリエイトに対するイメージが軽薄になってしまっているからです。

アフィリエイトのイメージが軽薄であるからこそ、そもそもの稼ぐための条件を満たせず、稼げていないというわけですね。

なので、これからあなたが稼げるようになるために、ここで「正しい基準値」を知る必要があるのです。

そのためには、

  • 稼いでいる人は、開始当時、何時間くらい実践していたのか?
  • 稼いでいる人は、開始当時、どれくらいの量をこなしていたのか?
  • 稼いでいる人は、開始当時、どういうことに、どれくらいお金をかけていたのか?

の、3つを知ってください。

アフィリエイトで稼ぐために知るべき3つの基準値

ここからは、私がサラリーマン時代に何も分からないところから当時、毎月50万円稼げる仕組みを作って会社を辞めるまでに、どれぐらいの時間や労力を使っていたかという実際のスケジュールや数字もご紹介しながら、あなたが稼げるアフィリエイターになるための「3つの基準値」についてお伝えしていきます。

1.「作業に充てる時間」の基準値

私が0から月収50万円稼ぐまでに充てていたアフィリエイトの時間はザックリ、

月に184時間

です。この実践ペースで開始5ヶ月目に月10万円を達成し、約1年で50万円に到達しました。

私のサラリーマン時代の「作業に充てた時間」の事例

私が勤めていた会社は、週休1日制で、土日は必ず出勤、祝日・年末年始もほとんど関係なかったので、その時間の内訳としては、

平日6日間 21時帰宅。22~27時半ぐらいまでアフィリエイトを実践
休みの日 朝8時~25時くらいまでアフィリエイト(食事休憩はとっていました)

という感じでした。

1週間のスケジュールにしてみると、だいたい以下のような感じで会社の仕事とアフィリエイトを両立していた感じですね。

私のサラリーマン時代の1週間のスケジュール例

ちなみにプライベートの用事も時々は入れていたので、年間にしたら、割いた時間はこれの12ヵ月分よりも少し少なくなって、1,992時間くらいでしょうか。ただ、プライベートの時間はアフィリエイトを始める前と比べて自然と後回し後回しにするようにはなっていたので、そう多くはありませんでした。

他にも、サラリーマン時代に時間の使い方で意識していたことは…

  • トイレ休憩中は便器に座って、帰宅後に行うアフィリエイトの作業をガラケーのメモにまとめていた
  • 昼休憩時は必ず1人で外に出て行き、必ずビジネス書を読みながらお昼を食べるようにした(行儀は悪いですが)
  • 電車に乗る際も必ず本を読むようにしていた(これらはアフィリエイトの書籍ではなく、『金持ち父さん貧乏父さん』や『成功の9ステップ』、ホリエモンの書籍などなどの成功者の感覚や価値観を身に着けるためのビジネス書全般を読んでいました)
  • サイトや記事のデーターやアカウント管理表など、アフィリエイトのデーターはすべてUSBで持ち歩くようにし、いつでもどこでも仕事が出来るようにした
  • 会社の仕事はできるだけ速くこなすようにして、終わらせた後は会社のPCにUSBを差して会社でもこそこそアフィリエイトを実践していた(後ろに誰もいない席だったので出来たことですし、常に『ボスが来た』ソフトで画面を隠せるようにしていました)
  • ノートパソコンも必ず持ち歩き、ルート営業は速攻で終わらせ、車中で30分ほど毎回アフィリエイトを実践してから帰社するようにしていた
  • 信号待ちでも一々ノートパソコンを触っている時期もありました(これはオススメできませんし、今ならスマホで十分です)
  • アフィリエイト教材の動画や音声はすべてDVDに入れ、車中では常に再生させていた
  • どうしても行く必要のある飲み会以外は、1年間は飲み会には参加しないことに決めた(この1年はほぼ友達と遊んでいません)

ザっと思い出してみましたが、こんなところでしょうか。

「アフィリエイトを頑張っているのに稼げない!」と言っている人から話しを聞くと、1日に1時間くらいしか実践をしていなかったり、もっと少なかったりします。

にも関わらず、「かなり時間を使ったのに稼げない…」と落ち込んでいたりするのです。

もちろん、月間に180時間やらなければ稼げないというわけではありませんし、あそこまでストイックに時間を使う必要もないかもしれません。もともと私はコツを掴むのが遅いほうですし、新しいことを覚える時には言葉の意味を取り違えて、間違った方法でやってしまったりすることもあります。

だから、あなたを含め多くの方は、こんなに時間を使わずとも月収はもっと伸びてくると思います。

ちなみに、私のデーターだけでは「基準値」として弱く感じるかもしれないと思ったので、私の生徒さんの1人「Eさん」に美味しいきのこ鍋屋をご馳走して、Eさんが0から月収50万円突破するまでにどんな具合で実践をされていたのかアンケートを取ってきました。

Eさんにご馳走した美味しいきのこ鍋※Eさんにご馳走したキノコ鍋

Eさんの「作業に充てた時間」の事例

Eさんは現役のサラリーマンで、ご結婚もされていますが、だいたい月間で92時間使って、約10ヶ月間の実践で月収50万円を突破したそうです。1週間のスケジュールとしては、以下のような感じです。

Eさんの、当時の1週間のスケジュール例

Eさんは遅くまでアフィリエイトの作業をするのが耐えられなかったそうで、朝早くに起きて時間を確保することを習慣化させたそうです。また、夜は家族に協力してもらい、1時間だけ集中できる時間を作るようにしていたあたりも素晴らしいですね。

もちろん、前述したように、必ずしも92時間使わないと稼げないわけではありません。

しかし、こうやって実際に稼げるようになった人の“ナマの数字”を知ることで、「1日1時間やっていればそれでOKなんだ」とか、「週末だけ3時間くらいやっていれば、良い方でしょ」とは、思えなくなるわけです。

それこそが、「基準値が上がった」ということです。

「物理的にそんなに割ける時間がないんです…」という方ももちろんいらっしゃると思いますが、そういう場合でも、「どうにかしてもう少し時間を割けないかな。削れる用事がないかな。」といった感じで、見方を変えるきっかけになったのではないかと思います。

これが、「正しい基準値」を知ることの最も重要で、価値がある部分ですね。

1日○時間の実践で稼げる!と謳われている情報教材の真実

正しい基準値を知ると必ずこのご質問を頂きますが、この手の謳い文句は、もちろん嘘ではなく真実です。ただ、これは多くの場合、最短距離でゴールに向かえた場合の数字なのです。

つまり、実践中の試行錯誤の時間や訓練の時間も入れれば、普通はもっとかかるということです。(謳い文句の意味は、それだけのポテンシャルを持っている実践方法だ、と考えると分かりやすいと思います。)

ビジネスの上達方法は、スポーツや英会話などの上達方法と近いところがあるので、教えてもらったことをすぐにそのまま再現できる人はほとんどいません。必ず、ある程度の反復練習が必要になりますし、なかなか直らないクセがあれば、時間をかけて軌道修正する必要が出てきたりもします。

私が販売している教材の中にも、「1日1時間の実践で4ヶ月で月収30万円稼げる」と謳っている教材がありますが、これは私がお伝えしたとおりの道を一歩も間違えずに歩ければ可能だという話で。普通はここに「間違えて、軌道修正する時間」や「慣れるまでの時間」などが加わってきます。

私がはじめてメルマガアフィリエイトを学ぶために参加した塾も、「半年後に月収50万円稼げる」と謳われていましたが、私は実践が追いつかなかったので、メルマガ単体でその額に到達したのは実践から1年ほど経った頃でした。やはり、思い違いをしているところがあったり、なかなか上手くいかず試行錯誤する期間が必要でしたからね。

ただし逆に言えば、正しい基準値を知り、できるだけそれに近づける意識を持って時間と労力をつぎ込んでいきさえすれば、望むゴールへは遅かれ早かれ確実に辿りつけるということも同時に分かりました。

「1日1時間の作業で稼げる」と言われた時、ただそれをバカ正直に守るのではなく、「だったら俺は1日5時間やって、5倍早く、5倍多く稼いでやるぜ!」といった意気込みで取り組んで欲しいと思います。

最も簡単に、今すぐに軌道修正できる基準値は、この「作業に充てる時間」の基準値ですからね。

2.「実践量(行動量)」の基準値

私が当時実践していたのは、今は無き「ガラケーアフィリエイト」でしたが、当時作ったサイト数は、

100~400ページ程度の独自ドメインサイトが5サイトと、30ページ程度の無料ブログが100個程度、数ページの捨てブログは50個程度

です。

ただ、ガラケーサイトは、昔の携帯電話で表示されることを想定しているので、表示される画面が小さいことから、1ページに盛り込んでいる文字数は少なめでした。なので、現在のPC&スマホ対応のサイトと比べてみるとその分ページ数は多くなっています。

これからあなたが作るサイトのページ数はここまで多くはならないと思いますが、ただ、当時のガラケーアフィリエイターの中で言えば、これでも私の実践量はかなり少ない部類に入ります。私の知人には当時2万サイト作っている方もいましたからね。

当時の私は、稼ぐためには何が重要なのかがまだ分かっていなかったので、デザインにもこだわってしまいましたし、画像の編集にも無駄な時間をかけてしまっていました。

そのあたりの「稼ぎに繋がらない無駄な労力」を、もっと稼ぎに直結する「記事の作成」や「ジャンルの拡大」に使っていたら、もっと早く月50万円に到達していたでしょうし、会社を辞める頃にはもっと大きく稼ぐことが出来ていたでしょう。

ただ、当時、我武者羅にやっていたことの中で、今になって分かる「だからあの時、結果が出たんだな」と思える部分があります。それは、「コンテンツの充実度」です。

私のサラリーマン時代の「実践量」の事例

私が初めて成功させられたアフィリエイトサイトは「つけまつげ」を扱ったガラケーサイトでした。私の書籍をご覧になった方はこのあたりよくご存知だと思いますが、ギャル属性に絞ったつけまつげの情報サイトを作って、そこに楽天アフィリエイトの広告と、グーグル・アドセンスの広告を貼って稼ぐタイプのものです。

当時、こういうサイトを作る場合、ネットショップなどに貼られている商品パッケージ画像やスペック表を載せたりするだけの人が多かったのですが、私はすべてのつけまつげを実際に購入して、女友達に頼み込んで1つずつ付けてもらい、全ての装着画像をデジカメで撮影してサイトにアップしました。

だいたい150商品くらい載せていて、それぞれに4~6枚ずつくらい写真を撮っていたので、だいたい750枚程度の画像をサイトに掲載していたことになります。

当時作った画像フォルダーを少しだけお見せすると、こんな感じになっています。全部つけまつげの撮影をした画像です…。

副業当時に作ったまつげ画像フォルダーの中身

この撮影が全て終わるまでに半年以上かかっているので、今思えばもっと効果的かつ効率的に稼げるやり方が沢山存在するのにもったいなかったな…という感じなのですが。

当時は「思いついたことは全てやってやる!」という意気込みしか無かったので、その結果、ギャル系つけまつげに関しては日本でおそらくナンバー1の情報量と質を誇るガラケーサイトを作り上げることが出来ました。

もちろん、誤解の無いように繰り返しますが、ここまで手間のかかることをやらなくても稼ぐことは出来ます。もっと効率的なアフィリエイトのやり方が、今も昔も沢山ありますからね。

しかし、ブログを2つ3つ作っただけで、たったの30記事入れただけで「まだ稼げないんですが、どうしたら良いのでしょうか…」と言っているような場合は、あきらかに前提となる実践量・行動量が足りていないんだな…。ということが分かるようになるわけです。

もちろんそれくらいの実践でも上手くいく場合もマレにありますが、アフィリエイトの上達には、ノウハウを知った後に「練習量」をこなすことも必要になってきますからね。

一刻も早く練習を積み上げ、「報酬」という結果を出したいのであれば、せめて100記事、200記事書いてみてから後ろを振り返るようにして頂きたいです。

また、例によって私の実践量だけでは「基準値」として弱く感じるかもしれないので、きのこ鍋をご馳走した「Eさん」の、月収50万円突破するまでの実践量についてもアンケートを取ってきました。

Eさんの「実践量」の事例

Eさんの実践量

  • サイトのリサーチは、検索エンジンの上位30ページ目(約300サイト)くらいまで見ていた
  • リサーチから分かったニーズを埋めるために、1記事につき9000文字~3万文字は書いていた
  • それを最初の5ヶ月で100記事以上投稿した

これだけだと伝わりづらいかもしれませんが、やはり相当な行動量ですよね。

あなたが、会社の仕事や家族とのコミュニケーションで、アフィリエイトの時間があまり取れないという場合には、当然実践の量も比例して少なくなってしまうと思います。

だから、もしかすると「俺はそんなに実践できるほどそもそも時間がとれないから、俺では稼げないのかな…」と思ってしまうことがあるかもしれません。しかし、私が伝えたいことは全くの逆です。

今、ブログを10個20個と作ったり、記事を40記事50記事と投稿した状態で「稼げないぞ…」と不安に思っていたとしても、そのまま実践を続けていけば、ある日突然結果が出てくるということです。

成功はお湯の沸点と同じで、ある一定の熱量に達するまでは目には全く見えません。しかし、一見何も状態は変わっていないように見えても確実にゴールには近づいていて、ある日突然一気に結果が出てきます。

もちろん、「数」だけに囚われて適当に量をこなしていっても熱量は上がりませんが、「練習だ」と思って真剣に実践量を増やしていけば、必ず状況は変わります。

時間の基準値を上げたことで、おそらく今後、あなたはこれまでよりも多くの時間を割こうと対策を考えていかれると思います。

しかし、そこで実践量の基準値を上げておかないと、「こんなに実践したのにまだ稼げないなんて、何か間違っているのかな…」と、無駄に悩んで時間を消費することになってしまいます。

せっかく作り出した時間を1秒も無駄にしないためにも、この「実践量・行動量」の基準値をしっかりと上げておきましょう。

3.「自己投資意識」の基準値

これは最も誤解が生まれやすいものですが、先にお伝えしておくと、ここでの基準値は「金額の大小」ではありません。あくまで「意識」の基準値だと思って聞いてください。

私がアフィリエイトで稼ぐために、一体どんなことに対して、どれくらいお金を使っていたのかというと、

  • ビジネスに関係ないものの購入は最低限にし、基本的には1年間は欲しいものを買うのを我慢することに決めた
  • 家賃や光熱費、食費などを引いた自由に使えるお金が、当時月6万円前後くらいだったと思いますが、その9割はビジネスのために使うようにした
  • 1度だけもらったボーナスは全額をビジネスのために使うようにした
  • アフィリエイトで発生した報酬も、しばらくは全てビジネスのために再投資するようにした

こんな感じでした。

ちなみに、アフィリエイトを知る前にも、FXやオンラインカジノに手を出して16万円ほど溶かしたりもしていますし、どんなビジネスをやろうか模索している時には20万円かけてカウンセラー育成スクールにも通ったこともあります。

あとは、ネットとまったく関係ないビジネスを考えて、近所一帯にチラシを巻いたこともあります。ほとんど上手くいかなかったので、今では苦くも良い思い出ですが。

そう考えてみると、社会人1年目の頃から計算したらけっこう大きな額をビジネス模索のために投資していると思います。

ただ、アフィリエイトのことを知ってからは、別に「投資」と言うほど大それたものに使っているわけではなく、まずはとにかく仕事をしやすい環境を自宅に作ることを考えて、具体的には以下のようなものに使っていました。

私のサラリーマン時代の「自己投資意識」の事例
ボーナスの使い道

  • A4のノートパソコン(当時はSONYのVAIO)
  • ノートパソコンを持ち歩くためのオロビアンコのブリーフケース

お給料の使い道

  • 仕事用デスク
  • 仕事用チェア
  • 作業用モニター(これをノートパソコンに接続して2画面で作業していました)
  • パソコン関連の小物
  • アフィリエイトの教材
  • セミナー参加
  • 書籍
  • PCソフトウェア関係

私がアフィリエイトを開始するまでは、パソコンを使った仕事をするなんて考えことも無かったので、パソコンで作業がしやすい環境はまったく整っておらず、大学入学時に学校で買わされた低性能ノートパソコンを実家から取り寄せ、ベッドに座ってセンターテーブルにパソコンを置いて作業をやっているような有様だったのです。

ちょうどこんな感じの、最悪な姿勢でやっていました…。

アフィリエイト開始時の最悪な仕事環境…

しかし上記のような姿勢で1日に何時間も仕事をしていると、当然のことながら腰が痛くなりますし、集中力も切れるので能率が悪いわけです。

だから、まずは仕事が捗る環境を整えたいと思い、ノートパソコンやデスク回りを整えるためにお金を使いました。ただ、言ってもこれらは入社して3年未満の新人サラリーマンがやっていることなので、金額なんてたかが知れています。

しかし、先にもお伝えしたように、ここであなたに掴んで頂きたい自己投資意識の基準値とは「金額の大小」ではなく、「意識」です。

結果的に月5,000円しか使えなかったとしても、その5,000円が、「出来る限り使わないようにした結果使ってしまった5,000円…」なのか、「出来る限りビジネスに捻出しようと思って、絞り出した5,000円!」なのか。この両者では、その意識は大きく違っていますよね。

当然、後者の方のほうがビジネスに対する意識が高いと言えるわけですが、実はこの差が、アフィリエイトを「ビジネスだ」と認識できているのか「楽して稼げる儲け話なんでしょ」と舐めてしまっているのかの差になっているのです。

アフィリエイトは紛れもなく、れっきとした「ビジネス」ですから、

  • 楽して稼げる儲け話
  • 小銭を稼ぐための裏技
  • 楽に儲けられる秘密のバイトのようなもの

という認識を持っている限り、絶対に稼ぐことは出来ません。

何もかも最小限に抑えようとして、結局結果が出せずに終わるのではなく、節約の中でも環境や学びに対しては最大限に自己投資する意識をもって、しっかりと結果を出せるようになっていきましょう。

4.「アフィリエイトで稼げる金額」の基準値

実は、上記3つの基準値に加えて、+α要素として「4つ目の基準値」が存在します。それが、「アフィリエイトで稼げる額の基準値」です。アフィリエイトで稼げる金額の基準値は、

最低でも年収1,000万円。単体で年収6億円くらいまでは可能(ここまで来ると、役員報酬を抑えて年収1億ぐらいに留めていく場合が多いですが)
※「最低でも年収1,000万円」というのは、ここまでの3つの基準値を知り、そこから大きく外れずに行動した場合に最低限実現できる数字です

です。

これまでの3つの基準値は、もしかしたらあなたにとって、思っていたよりもハードルが高く、気が重くなるような話だったかもしれません。しかしこの4つ目の基準値は、これまで以上にアフィリエイトビジネスに魅力を感じられるような、ワクワクするものなのではないでしょうか。

実は、アフィリエイトビジネスは、あなたが思っている以上に稼げるし、実際に公表している以上に稼いでいる人が沢山います。

というのも、実は多くのアフィリエイトノウハウ提供者は、本当はもっと大きく桁違いに稼いでいるのに、それを販売ページやメディアでは小さく伝えているのです。

事実私の回りには、実際の収入を表に出している人は1人もおらず、実際には表では書けないほどにたらふく稼いでいる人ばかりです。

なぜ収入を低く言う必要があるのか?

なぜ収入を低く言う必要があるのか?というと、大きすぎる収入金額は、多くのお客さんや生徒さんにとって“現実味のない話”に映り、逆に信じてもらえなくなってしまうからです。

特に、スタッフも雇わず、無名の会社を立ち上げているだけの個人起業家レベルでは、「月収500万円稼いでいる」「月収1,000万円稼いでいる」「月収5,000万円稼いでいる」などなど、本当の金額を言ってしまうと、特に初めてインターネットビジネスを知ったような方にとっては、胡散臭く感じてしまうのです。

業界が長くなれば長くなるほど、「年収1,000万円」や「年収3,000万円」くらいの数字では何とも思わなくなってしまいますが、これは感覚が麻痺しているだけで、ビジネスをやっていない友人などに話をすると、「年収3,000万円稼いでいる人」は、雲の上の人だと大抵は思われてしまいますからね。

もっと分かりやすい数字で言えば、「アフィリエイトで月収1億円」などは、もはや普通の感覚ではギャグにしか聞こえません。これは、感覚でお分かり頂けると思います。

しかし実際に上記の金額のアフィリエイト報酬を、知り合いの広告主が1人のアフィリエイターに対して支払っているので、実際にはこの4,5倍は稼いでいるアフィリエイターが決して少なくない人数存在しています。

ただ、あくまでアフィリエイトに参入したばかりの頃は、たいていの方は「毎月10万円くらいは稼げるのかな…」くらいの気持ちで入って来られる場合が多いですから、そんな中でいきなりこういった数字を出してしまうと、明らかに胡散臭く思われてしまうわけです。

だからこそ、

  • 信じてもらいやすい範囲内で、
  • なおかつ多くの人が憧れることができ、そして
  • 「自分も手が届くかも…」と思える数字。

この条件に合致する収入金額として、

  • 月収50万円稼いでいます
  • あなたも月収50万円稼げます
  • 年収1,000万円稼いでいます

くらいの数字を出すのが、「アフィリエイトの可能性を伝える」という真意を伝えるためのメッセージの1つとして、ちょうど良いというわけですね。

というわけで、あなたが思っている以上に、アフィリエイトは稼げますし、実際に裏で、表では言えないほど稼いでいるアフィリエイターは沢山います。

3つの基準値にばかり目がいき、この4つ目の「稼ぎの基準値」を知らなければ、やる気が無くなってしまうかもしれないので、ぜひこの4つ目の基準値も合わせて覚えておいて頂ければと思います。

なぜ、稼ぐ人はこれほど時間も、労力も、お金もかけることが出来たのか

ここまでに、「時間・作業量・自己投資意識・稼ぎ」の基準値をお伝えしてきましたが、中には「こんなにやらなければいけないのか…」とショックを受けた方もいらっしゃると思います。

ただ、ここでアフィリエイトのことを、「こんなにやらないと稼げないのか…」と思ってしまうか、「ここまでやれば稼げるようになるんだ!」と考えられるかで、あなたの2年後3年後は大きく変わります。

ただ、どちらの反応を取るにしろ、そもそもなぜあそこまでの作業時間や作業量をこなすことが「結果」に結びついてくるのか?という話をしておかなければいけません。

足らないものは時間orお金を使ってカバーする思考を持つ

ビジネスに限らず、趣味でもそうですが、何かを開始した当初、誰しもに圧倒的に足らないのが

  • 知識
  • スキル

この2つです。

この2つが無ければ、どんなものでも絶対に上手くいくことはありません。そこで、成功するために何とかこの2つを手に入れようと頑張るわけですが、そこで取れる行動は必ず次の2つしかありません。

  • 「時間」を使うか
  • 「お金」を使うか

このどちらかを使うことでしか、知識もスキルも手に入れることは出来ないのです。

そして多くの場合、最初のうちは「お金(資本)」を使うには限界がありますから、数万円~せいぜい数十万円程度の教材や講座に参加するだけに留めておいて、その大半の部分を「時間を使うこと」によって、カバーしていこうと考えるわけです。

ただ、この思考に至ることが出来ず、何かで成功したいと思いながらも、「時間もお金も使いたくない」と考えてしまう人が多いから、ビジネスで上手くいく人が少ないのです。

逆に言えば、この考え方を知り、「確かにそうだな」と納得できた方は本当に強いです。最後の4つ目の基準値のところでもお伝えしましたが、「時間・作業量・投資意識」の3つの基準値を大きく外さない行動力を発揮した方で、その後年収1,000万円を超えられなかった方を私は知りませんからね。

あなたは今こうしてこの記事を最後までご覧になられていることからも、「学ぶこと・勉強すること」に対して高い意識をお持ちな方だと思います。その上で今回の基準値を知り、実践に磨きをかけて頂ければ、必ずブレイクスルーを迎えて頂けるはずです。

まとめ

最後にまとめておくと、アフィリエイトで稼げない原因は、「これぐらいやれば稼げるだろう」とイメージする「基準値」が間違っていることで、その基準値には3つあるということでしたね。

  1. 作業に充てる時間の基準値
  2. 実践量・行動量の基準値
  3. 自己投資意識の基準値

稼いでいる人・稼げるようになった人が、この3つについてどれぐらいのことをやっていたのか?という「稼げる基準値」を知ることで、たいていの方は花開くことが出来ます。

なぜなら、間違っているのはノウハウでもやり方でもなく、ただ単純にスピードや量が足らないだけのことが大半だからです。

というわけで、今回お伝えした「稼げる人の基準値」を知り、ぜひ今一度、時間の作り方や作業の効率化、お金の使い方などを見直し、一刻も早く稼げるようになっていきましょう。

【教え子3,000人突破&初出版記念】以前、1万円で販売していたメルマガアフィリの動画教材を期間限定で無料プレゼント中!


>> こちらから今すぐにダウンロードする!

プレゼントの内容を少しだけご紹介すると…

  • 確実にお金持ちになる仕組みづくりの3原則
  • ゼロから確実に達成する『年収1,000万円ロードマップ』
  • トップ1%のみが知る売れるメールの書き方
  • 人の心を惹きつけるN字曲線展開理論
  • DRMセミナーリマスター版
  • 参加者限定メール講座
  • 年収1,000万円集客術
  • ブログランキング上位表示キープツール
  • 失敗確率0%!成功不可避のサラリーマン裏開業術
  • ストーリーテリングブループリント
  • 価値のある面白いメルマガ記事の書き方
  • リスト収集率激増バナー裏テクマニュアル
  • 『幸せサラリーマンノート』丸ごと1冊
  • LINE友だち追加権利
  • etc…

これらの中のたった1つでも、あなたの収入をン十万円~ン百万円単位で変えるほどのパワーがありますので、興味がある場合には、教材を受け取りたいメールアドレスを下記緑色のボタンよりお知らせください!

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください