楽天アフィリエイトがサービス改定して美味しい理由と今後の稼ぎ方!

サービス改定した楽天アフィリエイトが美味しい理由と今後の稼ぎ方!
2018年4月1日に楽天アフィリエイトのサービスが全面的に改訂されました。変更点をまとめると、以下の6点です。

楽天アフィリエイトサービス改定ポイント6つまとめ

  1. 料率(報酬率)が1%~100%2%~8%でジャンル別報酬で固定に
  2. クッキーの売上にも高い報酬率が適用されるように
  3. クッキーの有効期間がクリック後30日クリック後24時間に変更
  4. ただしクリック後24時間以内にカートに追加された商品に関しては89日間報酬対象
  5. 1種類の商品1個の売り上げにつき1,000ポイントが上限に
  6. 売れた商品名がレポートに表示されるようになった

クッキーの有効期限が短くなったことを受けて、多くの楽天アフィリエイターが「改悪だ」と感じているようですが、私はこの改変は逆に稼ぎやすくなって美味しいとさえ感じています。これは楽天アフィリエイトの稼ぎ方によるところが大きいので、今回は楽天アフィリエイトのサービス改定の詳しい解説と合わせて、これからの楽天アフィリエイトで大きく稼ぐための方法について解説をしていきます。

この記事を読むだけで、楽天アフィリエイトの制度がどう変わったのかということと、新制度を活用してどう稼ぎを大きくしていけばいいのかということについて、知ることが出来ます。

1.サービス改定後の楽天アフィリ報酬料率と新ルールまとめ

まず、楽天アフィリエイトサービス改定後の新制度を全て挙げます。変わった点は以下の6点です。

楽天アフィリエイトサービス改定ポイント6つまとめ

  1. 料率(報酬率)が1%~100%2%~8%でジャンル別報酬で固定に
  2. クッキーの売上にも高い報酬率が適用されるように
  3. クッキーの有効期間がクリック後30日クリック後24時間に変更
  4. ただしクリック後24時間以内にカートに追加された商品に関しては89日間報酬対象
  5. 1種類の商品1個の売り上げにつき1,000ポイントが上限に
  6. 売れた商品名がレポートに表示されるようになった

順番に詳しく解説していきます。

1-1.料率(報酬率)が1%~100% → 2%~8%でジャンル別報酬で固定に

新制度では、商品のジャンル毎に2%~8%の料率で設定されました。以前は、大半の商品が1%で、一部20%や30%といった報酬率を個別で設定しているショップがありましたが、新制度ではショップ毎の設定ができなくなり、ジャンル別で固定になったというわけです。

ジャンル別の報酬料率は以下の通りです。

楽天アフィリエイトの新報酬率

1-2.クッキーの売上にも高い報酬率が適用されるように

以前は、直接紹介した商品以外は売れても基本1%の報酬率でしかもらえなかったところが、新制度からは直接紹介した商品以外のもの(クッキーで売れたもの)でも、ジャンル別の料率が適用されるようになりました。

1-3.クッキーの有効期間がクリック後30日→クリック後24時間に変更

新制度からはクッキーの有効期間が短縮されました。以前は、アフィリエイトリンクがクリックされてから30日以内に購入されたものが報酬対象となっていましたが、新制度からはクリック後24時間以内に購入されたものが報酬対象となります。

1-4.24時間以内にカートに追加された商品に関しては89日間報酬対象に

クッキーの有効期間は短縮したものの、その間にカートに追加されたものに関してはなんと89日以内に購入されれば報酬になるという新しい制度も取り入れられました。PCやスマホブラウザーでサイトを閲覧し、最終的に楽天アプリで購入するためにカートへの追加率が高くなっている昨今の流れを考えると、この新ルールは、クッキー期間が短縮されたデメリットを補って余りあるほど美味しいです。

1-5.1種類の商品1個の売り上げにつき1,000ポイントが上限に

1つの商品が1つ売れた場合の報酬に1,000ポイントの上限が付きました。以前はポイントに上限は無かったので、この点も悲観的に見ている人が多いようですが、実際には商品が複数購入された場合や多種類購入された場合にこの制度は適用されないため、50,000円以上の商品を中心に扱っているのでない限りはそこまで気にする必要ありません。

例;

上限が適用されないパターン
料率8%の10,000円の商品が10個売れた場合に獲得できる報酬 → 8,000円

上限が適用されるパターン
料率8%の100,000円の商品が1個売れた場合に獲得できる報酬 → 1,000円

1-6.売れた商品名がレポートに表示されるようになった

これは稼ぐために直接関係ない変更点ですが、以前はレポート内で「売れた商品」が何だったのかを確認することは出来ず、価格とショップ名のみが確認できるだけでした。

しかし新しい制度からは商品名まで確認できるようになったため、アフィリエイトサイトに訪問される方のニーズをより正確に把握することが出来るようになりました。

2.楽天アフィリの新ルール「カート追加後89日間報酬対象」が美味しい!

今回のサービス変更で最も美味しいのが、この「クリック後24時間以内にカート追加された商品は、それから89日以内に購入されれば報酬対象になる」というルール変更です。

というのも、最近は楽天市場での買い物で「カート」を活用される方が増えているため、しっかりと成約を狙ってアフィリエイト活動をされている方にとっては、実質クッキー期間が延びたとも言えるからです。

なぜカートを活用される方が増えているのかというと、以下の2つの要因が大きいです。

1.買い物マラソンや楽天スーパーセールなど、お得に買えるタイミングまでカートに保存しておく方が増えたから

2.スマホの楽天アプリで毎月1回以上買い物をすると月のポイントバック率が上がるため、PCやスマホブラウザーからカートに商品を追加しておき、それをアプリで開いて購入する方が増えたため

上記の理由から、最近は「カート」が想像している以上に使われています。

3. 2019年以降楽天アフィリエイトで稼ぐために必要な稼ぎ方

クッキーの有効期間が大幅に短縮した代わりに、カート追加後の報酬対象期間が延長され、なおかつクッキー獲得時の報酬がアップしました。また、レポート画面で売れた商品を確認できるようになったということは、要は楽天は「クッキー報酬狙いではなく、直接紹介して成約に結びつける活動をして欲しい」と思っているということです。

2019年以降、楽天アフィリエイトで効果的に稼ぐためには、しっかりとユーザーの欲しがっている商品を提示し成約させていくこと。もしくは、あなたのアフィリエイトしたい商品を欲しがっている人を正確に集客することが重要となってきます。

これさえできれば、かなり高い確率でカートに追加してもらうことが出来るわけですから、その後は以前よりもより高い確率で購入してもらうことが出来るようになります。

世間では「楽天アフィリはクッキーを拾うもの」という認識が強いので、新しい報酬体系になったことを悲観的に見ている人も多いようですが、あくまで「紹介したものをそのまま買ってもらう」ということを念頭に置いておいたアフィリエイト活動をしていくことが必須となります。

まとめ

今回の楽天アフィリエイトサービス変更により、最も大きく影響を受けるのは結局のところ次の2つです。

  • 料率が変わった
  • クッキー期間が短縮され、その代わりにカート追加後の期間が延長された

数年前にも、「新料率」という設定が出来たことにより、高料率ショップの商品であってもクッキーで発生した報酬の場合は1%の報酬しかもらえなくなった。という仕様変更がありましたが、今回のサービス変更と合わせて考えてみれば、結局はクッキー狙いではなく紹介した商品をそのまま売って欲しいという楽天の考えに基づいたものと言えます。

逆に言えば、直接紹介したものをしっかりと成約させていくことさえ出来れば、新制度になったことで以前よりも格段に報酬を上げることも出来ますので、ぜひこのタイミングで楽天アフィリエイトの稼ぎ方を成約型にシフトしていきましょう。

【教え子3,000人突破&初出版記念】以前、1万円で販売していたメルマガアフィリの動画教材を期間限定で無料プレゼント中!


>> こちらから今すぐにダウンロードする!

プレゼントの内容を少しだけご紹介すると…

  • 確実にお金持ちになる仕組みづくりの3原則
  • ゼロから確実に達成する『年収1,000万円ロードマップ』
  • トップ1%のみが知る売れるメールの書き方
  • 人の心を惹きつけるN字曲線展開理論
  • DRMセミナーリマスター版
  • 参加者限定メール講座
  • 年収1,000万円集客術
  • ブログランキング上位表示キープツール
  • 失敗確率0%!成功不可避のサラリーマン裏開業術
  • ストーリーテリングブループリント
  • 価値のある面白いメルマガ記事の書き方
  • リスト収集率激増バナー裏テクマニュアル
  • 『幸せサラリーマンノート』丸ごと1冊
  • LINE友だち追加権利
  • etc…

これらの中のたった1つでも、あなたの収入をン十万円~ン百万円単位で変えるほどのパワーがありますので、興味がある場合には、教材を受け取りたいメールアドレスを下記緑色のボタンよりお知らせください!

コメント

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください